困った時はみんなで情報共有GPSによる位置情報を、クラウドを活用してリアルタイムに共有

災害情報共有システム

画像戻る

画像送る

災害時などにおける局地的な情報をGPSとクラウドを活用して共有

災害情報共有システム

当システムは、スピーディに現地状況の把握を可能にし、リアルタイムで集められた情報を施設管理者等と輻輳することなく共有することで、災害の発生状況に応じた適切な対応策の検討などに役立てることができます。

概要

GPS機能を活用した災害情報の共有

GPS機能付き携帯電話のカメラ、メールを活用し、災害現場の写真や報告事項をリアルタイムに通達出来ます。

アプリケーション画面

被災個所を地図上で確認

GPSによる位置情報で、被災個所を地図上に表示、一目で確認できます。

アプリケーション画面

補完的な役割にも利用可能

災害時のみならず、平常時でも通常パトロールなど維持管理にも利用可能です。

アプリケーション画面

▲ページトップへ

主要機能

発議機能

アプリケーション画面

GPS機能付き携帯電話からメール本文に状況を記述し、位置情報を設定した写真を添付してシステムに送信することで、いつ、どこで、なにが、どうなっているかをリアルタイムに報告。
指示機能

アプリケーション画面

発議された内容に対して管理者が、メール返信、または電話で指示が可能。また利用者へメールの一斉返信も可能です。
地図表示機能

アプリケーション画面

写真やメール本文に付与された位置情報により、当該個所を地図上に表示することで災害発生箇所を把握できます。
帳票出力機能

アプリケーション画面

写真帳、経過報告書などを印刷できます。

▲ページトップへ

システム条件

  • インターネットに接続可能なPC
  • ブラウザ:Microsoft IntenetExplorer8以上
  • GPS機能付き携帯電話(Docomo、au、Softbank)

▲ページトップへ

お問い合わせ・資料の請求・見積もりのご依頼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加